"5月5日は「こどもの日」として祝日に制定されていますが、

別の呼び方として「端午の節句」というものがあります。節

句というのは季節の節目のことです。古くは暦を十二支であ

らわしており、旧暦では午の月は5月にあたりました。この

月の最初の午の日を節句として祝っていたものが変化し、5

月5日が端午の節句として定着しました。

端午の節句は菖蒲の節句とも呼ばれます。古代の中国でこの

節句に菖蒲で邪気を払っていたのが、日本に渡来して菖蒲湯

となって残っています。

「"菖蒲"と"尚武"の読み方が一緒であること」「菖蒲の葉は

先端が尖っていて刀のように見えること」から、男の子と関

連付けて考えられるようになりました。

さて、「こどもの日」といえば青空を泳ぐこいのぼりが思い

浮かびますが、このこいのぼりの歴史は浅く、江戸時代にな

って町人がやり始めたことでした。端午の節句はもとは武家

が行っていたもので、先祖伝来の鎧兜を飾り、幟を立てるの

が年中行事となっていました。江戸時代になって商人が力を

つけてくると、武家に負けてなるものかと武具の模造品を作

るようになり、幟の代わりに吹き流しを立てるようになりま

した。これが鯉のぼりの始まりです。

なぜ「鯉」なのかというと、「鯉は滝を登ると竜になる」と

いう中国の故事にちなんでいます。男の子の立身出世を願う

意味が込められているのです。

5月5日の「こどもの日」は、1948年に国民の祝日法によっ

て定められた日です。「こどもの人格を重んじ、こどもの幸

福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨で定められ

ました。当初は、3月3日の桃の節句の日や、学年が始まる4

月1日という案が出ていました。しかし、3月3日では寒すぎ

る、4月1日はエイプリルフールと重なるといったことから却

下されたようです。寄せられた請願の中で、5月5日を希望す

る意見が多かったことから、この日に定められました。

当初、5月5日の端午の節句は、病気や厄祓いをする日として

中国から伝来しました。鎌倉や江戸時代になると、男の子の

立身出世を願う日となり、そして健全な成長を祝う日となり

ました。その風習が今でも続いており、男の子のいる家庭で

は、兜や五月人形、こいのぼりを飾ったりしています。です

が、こどもの日として制定されて以降、女の子も一緒に祝う

ようになりました。

昔からこどもの日である端午の節句には、柏餅や粽を食べる

風習が今でも残っています。平安時代に中国から端午の節句

が伝えられた時は粽でした。その後、江戸時代に端午の節句

が五節句になってからは、江戸では縁起のいい柏餅が主流と

なりました。伝統を重んじる上方では、今でも粽として残り

ました。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。